アイマス 美優。 アイドルマスターシリーズ

『』や『アイマスタジオ サテライトステーション』など、ウェブラジオや公開生放送にBNEIのスタッフと共に出演することもある。

2

はと同じ。 概要 「……私を変えてくれたのはさん、方……。 和久井さんの場合 服部瞳子はかつてアイドルとしてデビューしながらも失敗と引退を経験しているというただでさえ重い設定を抱えており、初期のセリフにも「ラストチャンス」「今年(2012年)にかける」というこれまた重い発言がある(アイドル多しと言えど『シンデレラガールズ』で「いつまでに成功するか」を明言しているのは彼女のみである)。

5

765プロサイドのキャラクターデザインを担当。 本人く「なるの贈り物」。 関連動画 関連商品 関連項目• で歌うや 「幾つもの季節…過ごしましたね」のから、Pと共に数多のや苦難を乗り越えた果てにたどり着いた栄のであることが伺える。

1

ドラマ『』の登場人物はを、• Pにもを用意しているらしい。 ……ただしこの場合、重さ的には[ わくわくさん<とーこさん<<<<<みゆさん ]の順となっており、それもあってかLIVEバトル勝利時の瞳子さんの台詞 「 美優さん、あなた自分の想いがどれだけ重いかわかってないの 」 につながっていくのであった。 ちなみにいの言葉は 「夢 かなう」。

17

に関してはとにかく「・・・」が立ち、口調以外なら同じく初期R時代のにも似た雰囲気を持つ。

そしてPへのもに。 概要 『』に登場する、、の三人はそれぞれ登場時から、「愛が重い」 「言葉が重い」 「過去が重い」という個性を遺憾なく発揮しており、クール属性のアイドルの中でも異質な目立ち方をしていた。 、2015年7月26日閲覧。

13

詳しいことは不明だが、引越しが多いほどを作ったり友好関係を維持するのも難しくなってくる。 ちなみに本来の発音なら「ジ・アイドルマスター」となるが、筐体上部POPの初期デザインには「ザ・アイドルマスター」と「THE」の発音を誤っているカタカナ表記のバージョンがあった(アイドルマスター プラチナアルバム )。 …が、慣れてくるとPに 「噛み付いちゃいますよ」なんてドキッと来るようなことも言ってくる。

13