若者 の すべて。 若者のすべて (映画)

Mステのフジファブリックの若者のすべてで感動!志村さん映像登場

若者 の すべて

1994年に放送された「若者のすべて」というドラマ、知ってる方いらっしゃいますか?最近このドラマを観たんですが(余談ですがすごく面白かったです)、ドラマの内容に関していくつか質問があります。 哲生と武志を刺すなら例えば1話から出すなりしてもっと物語に深く関わっているような人物が行ったほうがより深い話になったと思うんですが…。 最後の展開のための理由づけのために絡ませたように見えるというか…。 この記述に関してですが、武志って薫を思っていたんでしょうか?武志が薫を思っていたという描写って特別記憶にないのですが…。 よろしくお願いします。 おそらく私の見解は… 薫も武志も相思相愛だったと思います。 武志は 薫にクリスマスプレゼントを渡すために アクセサリーを買っていたし 友人の守が薫に渡すんだろうと言ってます。 千鶴子は 武志と一時一緒に暮らしてましたよね。 千鶴子の方が 積極的で武志は その気があんまり無かった様に思いますが 武志の為に 一生懸命だったし 好きだったんだと思います。 突然 バーに薫が現れて武志と薫が楽しそうに話をしているのを見て嫉妬したんだと思います。 薫の住んでるマンションに千鶴子が会いに行き 武志に近よらないでとか 武志を取らないでとか そんな感じのことを 言ってますよね。 しかし 一緒に住んでた 武志が 帰らなくなって 武志が帰らなくなったのは薫のせいだと思い 哲生の家に行ったら3人楽しく話をしてて 薫を千鶴子が 刃物で 刺しますよね 千鶴子は その場を去って 後を追いかけた武志が バーにいる千鶴子を見つけ外に連れ出そうとしていたところに 井ノ原くんともう1人の井ノ原くんの友人が 武志に嫌がっているだろうと言って 部外者は黙ってろと言って井ノ原くんを殴りませんでしたか? その時は それで収まったんだと思いますが 復讐するために 武志のいるところを突き止めて 刺しに行ったんだと思います。 そこに 哲生もいたので武志と一緒に刺しだんだと思います。 個人的には 哲生も武志も死んで無いような気がするんですよね。 歩いていたし! もしかしたら 歩いて皆のところへ行ったとか 誰かが 遅い2人を迎えに行ったんじゃないかなと思ってます? 推測です。 個人的に… 分かりずらくてすみません。 今思えば 凄く良いドラマだと思ってます。 もう こんなドラマは 今の時代は無理でしょうね!.

次の

若者のすべて (映画)

若者 の すべて

12年も前にリリースされた曲だとは思えないです。 何より志村さんがボーカルを務めていると真っ先に思ってしまいます。 2009年の12月の報道が流れた時は何かの間違いではと思った人も多いと思います。 「若者のすべて」は歌詞の中で花火というワードが出てくるので夏の曲だと思いがちですが、リリースされたのは11月で秋のシーズンです。 最後の花火というワードが歌詞で出てくるので8月下旬~9月上旬頃を連想しているのかなと感じます。 学生時代の夏は花火を見て過ごした人も多いでしょう。 この曲がリリースされた2007年と言うと夏の高校野球でがばい旋風で佐賀北高校が甲子園制覇した時です。 今年の夏の甲子園でも佐賀北高校は出場していましたが、残念ながら敗退してしまいました。 今年は2007年の甲子園制覇時のエース投手が監督として甲子園に戻ってくると話題にもなりました。 Mステの特別演出は志村さんが映像登場で感動 「若者のすべて」は2007年の曲で志村さんがボーカルを務めていた時の曲です。 Mステでの特別演出は、2009年の12月に亡くなったボーカルの志村正彦さんが映像で登場するという感動の演出でした。 何年たっても、思い出してしまうな。 生前のライブ映像が流れ、曲と合わさっていました。 バックで志村さんが歌っている映像が流れた時は感動しました。 最後に 「若者のすべて」を聞くと花火大会に行きたいなと思ってしまいます。 もう何年も花火を見に行っていないので最後に見に行った花火大会が懐かしく思えてきます。 9日のミュージックステーションは録画がしてあるのでじっくり見ようと思います。

次の

若者のすべて (映画)

若者 の すべて

共感がとまらない名曲 フジファブリックが世に送り出した名曲『若者のすべて』。 この作品には、いったいどんな想いが込められたのだろうか? そして、今でも『若者のすべて』が、支持され愛され続けている理由はどこにあるのだろうか? 様々なアーティストが歌い継ぐ名曲 この曲は、2015年6月に発売された柴咲コウのカバーアルバム『こううたう』でもカバーされ収録されている。 それだけでなく、過去には藤井フミヤやBank Band 桜井和寿 、Puffyなど有名ミュージシャンがライブステージ上などでも、カバーを披露している。 そもそも、この『若者のすべて』は、フジファブリック10枚目のシングル作品。 そして、この楽曲を作った人物こそ、フジファブリックの元ボーカリスト兼ギタリストであった志村正彦だ。 そして、当時のフジファブリックでは、志村正彦が楽曲の全ての歌詞を作り・楽曲制作を行っていた。 そのため、志村が2009年に亡くなるまでに80曲以上を作ったとされている。 志村制作曲の特徴 志村が作った曲には大きく3つの特徴があった。 1つは脳内妄想全開の歌詞ストーリーであること。 2つ目は、細かな風景描写が入り乱れていること。 3つ目は、独特なメロディに乗っていること。 これらがあわさって、思わず惹かれる作品になっているといえる…。 この楽曲『若者のすべては』、現在でもずっと歌われ続けている。 2007年に発売されてから、もう10年以上も経過しているにも関わらず…。 次に、この曲がもつ魅力を歌詞を中心に紹介していこうと思う。 というのもこの歌は、志村の故郷である山梨県の風景をイメージした楽曲とされている。 大きなインパクトを持つことが多い他の楽曲とは違い、シンプルで真っ直ぐであるのも特徴的だ。 志村は、レコーディング時からこの曲は名曲の予感。 とブログで明かしていた。 同時に、この曲を作れて救われた、とも記していた。 曲中で示されている事柄はそう多くない。 夏の終わりであること、花火が上がっていること、僕がそれを眺めているということだ。 しかし、その少なさによって、季節の変わり目にぐらつく心の動きを感じることができるのだ。 それでも、ただ会えたという事実に何かが変わる予感を覚えるのだ。 夏は様々な想いが残る この曲中では、何年か越しでのおぼろげな夏を清算して前に進みたい。 まさにこれから、何かが変わっていく予感がする。 そんな瞬間が刻まれている。 普段の生活でも、そんな瞬間に出会うことがあるはずだ。 夏の終わりの風景をとてもシンプルに的確に捉えている名曲『若者のすべて』。 しかし、淡々と語る裏でちゃんと希望を持たせてくれている。 それだけに惹かれる人も多い。 フェスや歌番組でも、愛され続けている。 『若者のすべて』は、きっとこれから先も歌い継がれていく楽曲であるには違いない。

次の