ヘラクレスオオカブト 相場。 ヘラクレスオオカブトの飼育。冬は温度管理に注意!

ヘラクレスオオカブトの値段・販売価格はいくら?幼虫と成虫の金額!

ヘラクレスオオカブト 相場

ヘラクレスオオカブトとは? ヘラクレスオオカブトは南米の広い地域に生息する、世界最大級のカブトムシです。 もちろん体が大きい事もあり世界最強のカブトムシでもあると評されています。 見た目の特徴は、長い2本の角と黄褐色の色をした前羽です。 ヘラクレスオオカブトの大きさは平均して140㎜くらいであるとされ、最大のサイズになると180㎜にも達する個体もいるのだとか。 18㎝もある虫が木に止まっていたり、ましてや空を飛んでいるともなると、もはや何らかのB級映画のような気もしますよね。 ヘラクレスオオカブトの「ヘラクレス」というのは、ギリシャ神話に出てくるヘラクレスから取って名付けられているそうですよ。 いかにも強そうですよね。 ヘラクレスオオカブトの寿命 ヘラクレスオオカブトの寿命は日本のカブトムシよりも長いのが特徴的です。 とは言ってもカブトムシですので、むちゃくちゃ長いというわけではなく、羽化後約半年~1年くらいで死んでしまいます。 幼虫の期間を入れると、約2年といったところでしょうか。 オスとメスでも寿命にやや差があるようで、一般的にはオスよりもメスの方が長生きです。 また交尾をしたり、産卵を行った個体は寿命が短くなる傾向にあるようですね。 少しでもその個体を長生きさせたい、という場合には繁殖はさせない事が少しでも長生きさせる秘訣なのです。 またヘラクレスオオカブトは昆虫ですが、やはりストレスも受けると言われています。 ケンカをしたり、狭すぎるケースで飼われていたりすればそれだけストレスを受ける事になり、寿命に直接影響してくるのです。 長生きにはケンカをさせない事、ゆったりとした飼育環境で飼育してあげる事が大切になるのです。 スポンサードリンク ヘラクレスオオカブトの値段の相場は? ヘラクレスオオカブトの値段は、ズバリ見た目の良し悪しとサイズによって決定されます。 角が曲がっていないか、体に傷がついていないか、足などが欠けたりしていないか等によって値段が決まります。 もちろんサイズによって値段は大きく左右され、より大きい個体の方が高価になる傾向にあるのです。 また平均的なサイズが140㎜くらいですので、150㎜を超えたあたりから値段が跳ね上がる傾向にあります。 ヘラクレスオオカブトは野生の個体の方が大型になりやすいとされ、野外採集個体の最大ギネスサイズは178㎜だそうです。 一方飼育繁殖個体の最大ギネスサイズは165㎜と言われていますので、ずいぶん差がありますよね。 特に160㎜以上の大きさを誇る個体はとても希少価値が高くなり、値段もとても高価になります。 一般的に平均サイズの130㎜くらいの個体であれば、15,000円~20,000円くらいの間で購入する事ができます。 150㎜を超えるような個体になってくれば、値段も5万円~10万円へと一気に値段が跳ね上がるのです。 またヘラクレスオオカブトは1㎜単位で値段が変わってくるとも言われています。 なぜそこまで細かい値段設定になり、大きさが重要視されるのかというと、それは「ヘラクレスオオカブトが世界最大のカブトムシだから」に他なりません。 世界最大を謳っている以上は大きくないと意味がないのです。 また大きい個体からは遺伝によってより大きい個体が産まれてくる可能性が高くなるため、大きい個体が重要視されているのです。 大きさが十分で、なおかつ形も完璧な文句なしとも言えるような個体であれば、値段は数百万円を超えるとも言われています。 昆虫一匹で百万単位のお金が動くなんて、唖然としてしまいますよね。 また幼虫の方が成虫よりも安価で購入可能ですので、幼虫から育ててみるのも良いかもしれませんね。 ヘラクレスオオカブトの販売店 ヘラクレスオオカブトは現在では流通量も多く、大体どこのペットショップに行っても取り扱っている事でしょう。 またヘラクレスオオカブトを専門にしているブリーダーも数多くいますので、それらブリーダーから購入するという方法もありますね。 入手に関してはそれほど困難な種類のカブトムシというわけではないようです。 スポンサードリンク ヘラクレスオオカブトにはたくさんの種類がある これは結構知らないという人もいるようなのですが、一口にヘラクレスオオカブトと言ってもその種類はいくつか存在するのです。 ヘラクレスオオカブトの種類は10巣類以上も存在すると言われ、それぞれ生息している地域によって違う名前が付けられています。 これら亜種の違いは、前羽の色の違いであったり、角の長さの違い、体の太さの違い、角の突起の位置や数の違いなど様々です。 有名なものに、「ヘラクレス・ヘラクレス」、「ヘラクレス・リッキー」、「ヘラクレス・モリシマイ」、「ヘラクレス・オキシデンタリス」、「ヘラクレス・レイディ」などがいます。 こらら亜種をパッと見て見分けることができるのであれば、あなたはもうヘラクレスの虜になってしまっている事でしょうね。 ヘラクレスオオカブトの性格は? ヘラクレスオオカブトはいかにも強そうですが、性格は荒いのでしょうか。 実はヘラクレスオオカブトはいたって温厚な優しい性格だと言われています。 昆虫によくある、気が荒くて喧嘩っ早いということは無いようです。 表現するなら、「優しくて力持ち」でしょうか。 ちなみに、ヘラクレスオオカブトの胸角の下部に生えている細かい毛のようなものは、角で挟んだ相手をなるべく傷つけないようにという配慮から生えている、とも言われています。 昆虫の事ながらにも、なんだかホッコリしてしまいますよね。 まとめ ヘラクレスオオカブトは世界最大のカブトムシで、値段はその大きさによって大きく左右されます。 最も安いものでは数千円から販売しているところもあるでしょうが、150㎜を超えてくるような個体なら5万円は下らないでしょう。 形が良い個体も高価になりますから、大きさ重視でなるべく大きい個体で、形に問題がある比較的安価な個体を選んで購入し、ブリードするという方法もアリじゃないでしょうか。 ヘラクレスオオカブトにもいくつかの亜種が存在し、それぞれ微妙にではありますが特徴が異なります。 亜種によっても値段が異なるようなので、奥が深いですよね。 スポンサードリンク こちらの記事もあわせてどうぞ.

次の

カブトムシの買取はできる 価格はどれくらい?

ヘラクレスオオカブト 相場

質問の回答とは違いますが レッドアイの幼虫が全匹レッドアイになるか…なりません。 雌もレッドアイなら確率は高くなるでしょう。 おそらく質問者さんの質問からすれば、ヘラクレスの飼育は未経験でしょうか? オスのヘラクレス成虫、きちんとしたショップならノーマルサイズ(12~13cm)で1万円位です 珍しいレッドアイ、きっと売りに出す前に何度も交尾をさせていると思います。 寿命も短くなっている可能性もあります。 羽化した時期を聞いてみて下さいね。 まぁ後1、2回は交尾出来るかもしれませんが、場合によっては交尾しない可能性もあります。 次にブリード…絶対にお勧めしません 幼虫が少ないとレッドアイの確率が下がりますし、運よく大量に幼虫が産まれたとしましょう。 例えば50匹幼虫が産まれたとして、25匹がオスだった場合、大きな個体を作出するには30㍑ケースで25ケース…我が家では、40㍑コンテナで二匹飼いで11ケース…我が家ではこれが限界です。 私の場合、コーナンのコンテナ40㍑サイズで880円ですケースは探せば安いのがあると思います。 んでランニングコスト。 ケースの通気を確保する改造で、約二日。 計6時間位はかかるかな? 三令からは餌を食べまくるので、マットの全交換を選択すれば長くて3ヶ月に一度、それを三回位して105000円。 糞をより分ける作業をすれば、一ヶ月に一度、量適に二回くらいとして70000円 ただし、作業で丸二日は潰れると思って下さい。 が初期投資にプラスされます そしてスペースの確保と家族の理解、慣れないと、ハエが大量に部屋に漏れます。 温度管理をされるなら、光熱費。 少し高く見積もりましたが、それにメスが加わります 我が家ではオス20メス20位の幼虫で、餌代は5万円位かな? コンテナ30㍑ならマットは20㍑も使用しないと思います。 昆虫が大好きで、少しずつ大きくなり、幼虫から成虫になる過程を面白いと思える人でないと、世話しきれるものではありません。 利益を得ようとするなら、基本赤字、趣味の上で、「少しでも餌代を回収できたらいいなぁ」程度だと思って下さいね。 ショップがなりたっているのは、たぶん飼育用品で利益を得てると思いますよ。 んでオス、メス50匹の内、どれだけのレッドアイが産まれるかは………わかりません。 多ければ、確率がいい血筋として有名になりノーマルタイプでもオークションなら、ちょっと高めに落札されるでしょうし、次回からは幼虫もちょびっと高めに落札されると思います。 とまぁこんな具合です。 ヘラクレス飼育者として、ブリードだけはお勧めしていません。 今飼育しているリッキーオス20匹が14cm位のサイズで羽化したとして、オークションで高く見積もって一匹5000円で計10万…飼育期間が約二年位かかるので、まぁちょっとしたお小遣かな? もちろんすべて順調に行った上での話しですが.

次の

ヘラクレスオオカブトブリーダー 河野博史さんにインタビューしてみた。 / ぺっとの根っこ

ヘラクレスオオカブト 相場

おすすめの捕まえ方• 捕まえるには日中のうちに木を見つけて、罠を仕掛けておくことがおすすめです。 樹液が出ている木は少し甘酸っぱい香りを発しているので、注意して探せばすぐに見つけることができますよ。 陽が沈みきっていない18時頃に罠を設置し、21時頃に確認してみるのがおすすめです。 運が良ければカブトムシがたくさんついているかもしれませんね。 罠の仕掛け方 カブトムシを捕まえる罠はたくさんありますが、手軽に作れる「バナナトラップ」がおすすめです。 必要な材料は「バナナ」「砂糖」「適量の焼酎」「ドライイースト」です。 作り方はまずバナナを剥き2cm程度の大きさに切り、焼酎をかけます。 砂糖とドライイーストがまんべんなく行き渡るように混ぜ、小分けにして日向で発酵させます。 途中半日ほどで袋がパンパンに膨らむので、空気を抜きさらに発酵を促します。 バナナの色が茶色~黒色になってきたら準備完了です。 カブトムシが欲しい!お店で買う販売元は? 自然採集にはお金をかけずに天然のカブトムシを入手できるメリットがある一方で、「国産の限られた品種しか採集できない」「大きさを選べない」というデメリットもあります。 ヘラクレスオオカブトやゾウカブトなどの外国産のカブトムシが欲しい場合は、お店で購入しなければなりません。 カブトムシは、ホームセンターやデパートだけでなくペットショップでも販売されていますよ。 昆虫ゼリーやクヌギマットを購入すればすぐに飼育が始められるのも嬉しいですね。 カブトムシのおすすめ購入先は?.

次の