お ちく ぼ 姫 現代 語 訳。 源氏物語「光源氏の誕生」」(桐壺) 現代語訳

」と申し上げなさると、 姫君は 「気にしません。 。 親たちは、「とても見苦しく、風変わりでいらっしゃるのは 困ったことだ。

12

(そのため=婿君がひとり増えたため)落窪の君はなおさら忙しく、苦しいことが多くなった。 もの寂しい。 よろづのことどもをたづねて、末を見ればこそ、事は故あれ。

11

」と北の方のたまへば、時々教ふ。 光源氏と女性の愛の物語を中心に、式部から見た貴族社会に関わる女性の苦労話、藤原氏の摂関政治などが描かれています。

8

童の名は、普通によくあるようなのはつまらないと思って、虫の名をおつけになった。

12

多くの銭を賜ひて、数日に営み出だして、掛けたりけるに、おほかた廻らざりければ、とかく直しけれども、つひに回らで、いたづらに立てりけり。 39 なよよかに ナリ活用の形容動詞「なよよかなり」の連用形。 やはり、人の命ははかないほうが断然良い。

6

「言ふ」の尊敬語で、「薫」に対する敬意。 「黒=原文」・ 「赤=解説」・「 青=現代語訳」 解説・品詞分解はこちら 蝶めづる姫君の住みたまふ傍らに、按察使(あぜち)の大納言の御むすめ、心にくくなべてならぬさまに、 蝶をかわいがる姫君が住んでいらっしゃる(家の)そばに、按察使の大納言の娘様(が住んでおられるが、そのお方は)、奥ゆかしく、並々でない様子であって、 親たちかしづきたまふこと限りなし。

3